ウサギ ビーズリングのスケッチ

森のラインウサギと帽子のライン

  ここでは、ビーズアクセサリーの出来るまでを、簡単にご紹介します。
私は、ビーズドールを創りたくて、ビーズをつくり始めました。 なので、アクセサリーを作るようになったのは、ショップ(玉川高島屋内『ブリエビジュ』)に作品を置いてもらうようになってからでした。

 当初、ビーズドールだけの予定でしたが、店長のご助言もあり、アクセサリーを制作することになりました。

 作るからには、私らしい何か可愛らしいものをと想いデザインしたのが、リボンリングです。 出来上がってみると、ビーズドールにも通じる愛らしい作品で、家族にも好評でした。(後に、『オフルームで編むビーズドールの世界 ビーズドール・チャーム』の中で、ビーズドールの洋服や髪のリボンへの応用でこのリボンが活躍してくれました。)
リボンリング
   【 リボンリング】

リボンワイドリング
   【 リボンワイドリング】

リーフライン


 私の作るビーズアクセサリーは、『可愛らしい』と思えるフォルムを第一にデザインします。

 リボンリングは、今までのビーズアクセサリーでは表現できなかった、繊細なフォルムでリボンを表現することが出来ました。 このリボンリングは当初作品だけの販売でしたが、大変好評でしたので、キット化を致しました。 二子玉川という場所柄からか、月に百個近く売れる、自分でも驚くほどの人気キットになりました。

 次にご紹介する、レースのチョーカーは、映画『マリーアントワネット』の衣装がヒントになりました。 可愛らしい女の子がしていた、レースで出来たチョーカーをモチーフに作ってみました。 以前レースの指輪を作っていたので、チョーカーサイズにし、中のピンクのリボンは入れ替えて洋服に合わせてアレンジ出来るようにしました。 オーダーで制作した作品ですが、デザインとアレンジ出来るてんをとても気に入って頂けました。

レースのチョーカー
   【レースのチョーカー】

リーフライン

 アクセサリーでも、立体を意識して制作しています。 ハートのリングは、ハートの周りにスワロを立体的に配してボリュームを出しました。 この技法も覚えると、作品を作る幅が広がると思います。 お教室では、リボンリングとハートのリングは、教材として生徒さんには最初に作っていただきます。

ハートリング
    【ハートリング】

 ビーズドールを創るときは、主にシードビーズを使用します。それは、シードビーズの丸い可愛らしいフォルムと色が、ビーズドールのメルヘンの世界ととてもよく合うためです。

 ビーズアクセサリーは、可愛らしい中にもかっちりとしたフォルムを必要と考えるため、私は主に織ビーズを使用します。 今は、より小さいサイズの織ビーズが出てきたので、より繊細なフォルムが出来ると思います。


ホームへのリンク

ビーズドールへのリンク

ビーズ絵本へのリンク

ビーズの家具と小物へのリンク

ビーズのお菓子へのリンク

アルファベットへのリンク

ビーズドールの作り方へのリンク

ビーズドールブログへのリンク

ビーズ教室へのリンク

ウェブショップへのリンク

オフルームへのリンク


リス
ストロベリー 南天
アゲハチョウ 小鳥
ローズ クローバー 蓮の花 クローバー ローズ